おもしろきことはよきことなり!(と狸が言っていた)


by yumehito2002
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:特集:転職活動日記( 12 )

Y2日記 終

Apr.某日
クジラに別れを告げ、りんごを齧りながら行くこと数日。
遂にみかん生る新大陸に上陸。
他の探検者もいるようだが、今回はこっちも2人がかり。
加えて新兵器もあれば、戦闘訓練で培った力もある。
勝てるはず!

Apr.某日
戦闘勝利!移住決定。
Y1とささやかな内祝い。
小さな大陸でまだ市民権もなく、やることばかりいっぱいあるが。
よい未来を築いていくんだ。


Y1:君仕事・外交担当、こっちそれ以外ってことで一つよろしく。
Y2:勝手に決めるな。
Y1:それ以外だって大事なんだぞ?
Y2:そういう問題じゃない。

前途多難。
[PR]
by yumehito2002 | 2008-04-19 23:46 | 特集:転職活動日記

Y2日記Ⅱ

Apr.某日
Y1より入電“タイリョウノショクリョウチョウタツニセイコウ。”
たまにはあいつも役に立つ。
Y1より入電“スマン、サラニタイリョウニショウヒ。”
我々のチームワークは悪すぎる。

Apr.某日
みかんとシエスタを満たす理想の大陸は少ない。
既に国が出来上がった大陸に入りこむのに、市民権を求めず移住する手があると聞く。
その後市民権取得もできるようだ。
ア〇コ氏の得意とするところだそうなので、各大陸入国管理局との交渉仲介を頼む。
だがやけにせっかちな人で少々不安。私はベルトコンベアを流れていくモノじゃないぞ?

Apr.某日
いつかの大陸もどきくじらに再遭遇。
何度見ても、でかい。
幸いもぐったりはしないようだし。
下手な大陸よりでかいなら、もう大陸扱いでいいだろうという結論に達し、上陸・調査を開始。
Y1音信不通。ちゃんとやっているのだろうか。

Apr.某日
遂にY1と合流。
りんご3箱しか持ってこなかった奴に言いたいことは多々あれど、今はそれどころではない。
先日のクジラ探検調査結果が出た。
「ミカンこそないが、葡萄は生るし暖かいとこしか泳がない。
住民は明るく、シエスタもあるし、ティーブレイクにお菓子を食す習慣まである。他に探検者の姿なし。」
ここまでは申し分ない。
しかし、「主産業ワイン作りのため、ワイン作りを学ぶこと必須」。
この一行をどうするか。
環境はよい。しかし、我々はワイン作ってる場合なのか?
連日会議中。
[PR]
by yumehito2002 | 2008-04-18 17:27 | 特集:転職活動日記

Y2日記 -Ⅱ・Ⅰ

Feb.某日
大陸発見!!気候よし、まったくの新大陸!
Y1に打電“ワレシンタイリクハッケンセリ”。
早速上陸。探索開始。

Feb.某日
…こんなのありかよ。だってこんな大きいし、土もあるし木とか生えてるじゃん!
Y1に打電“スマン、クジラナリ”。
ショックだ…

Feb.某日
空振りの偵察隊を減らすべく、ガイドを雇った。
DO○A氏は中々優秀で、
独自の情報網を駆使して新大陸・新航路をいろいろ紹介してくれる頼もしいやつ。
これで偵察隊にかける金と時間が大幅に短縮されるはず。

Feb.某日
偵察隊の話を聞く限り、よさそうだったから上陸してみたものの。
何だここ…?
入国審査が「三度の食事はりんご!ってほどのりんご好き以外お断り」とは。
いるのか…?そこまでの人。
海は広い。偵察だけでは分からないが、色々謎な習慣を持つ国があるようだ。

Mar.某日
当初の条件にぴったりのすばらしい新大陸を発見!上陸に成功。
積んできたワインをプレゼントして、現地の人とも仲良くなれた。
早速Y1に打電 “シンタイリクカクニン。チョウサチュウ”。

Mar.某日
上陸2日目。探検に出たところ、他にも移住者が大量にいるところに遭遇。
なんか嫌な雰囲気…と思ったら、案の定。
新天地をかけて戦闘開始。
訓練はこのためのものだったのだな…!
戦闘慣れしているとは言いがたく、弾薬も心もとないがやるしかない。
Y1に打電“ジョウリクセイコウスルモ、タノイジュウシャニソウグウ”
続けて打電“セントウニトツニュウ”
ライフル握り締め、勝利を目指して、いざ!

Mar.某日
惜敗。
あの奇襲にさえ対応できていれば…足を引きずりつつ隣接する小島に撤退。
ここも気候は決して悪くない。
水も食料もあるし、本国もいないが… 隣にはあれだけあったみかんの木は一本もなく、
住んでいる人たちは皆勤勉で、シエスタの習慣もない。
力及ばず 悔しい。
一応Y1に打電“スマヌ、マケタ。タイリクトレズ。トナリノシマカクホ。ドウスル?”。
Y1より打電“シンタイリクサガシゾッコウ。タノム。カテ”。

Mar.某日
傷も癒え、動けるようになったので船に戻り、作戦会議。
移住できた小島が許せなかった原因として、
やはりどうしてもみかんとシエスタが許せなかったことを重視。
これからはやはり“みかん・シエスタ”条件を満たす新大陸にだけ上陸を試みる作戦に切り替えることを決める。
DO○A氏の他にもう一人ガイドを雇い、2人に情報収集・簡単な交渉を任せることにする。
また戦闘訓練強化、新兵器開発に着手。
偵察隊も再編成。もう30組は送り出したよなあ(しみじみ)。

Mar.某日
Y1出航の知らせあり。今後の補給が心配だ…。
[PR]
by yumehito2002 | 2008-04-13 11:14 | 特集:転職活動日記

Y2日記 -Ⅲ

Y1:2年前に大陸に漂着、植民地議会議員となる。新大陸への移住決定後は、大陸に残って補給を担当。
Y2:Y1内別人格。Y1より非毒舌、社交的。新大陸への移住決定後は、船に乗り込み新大陸捜しを担当。

Jan.某日
船の建設がだいぶ進んでいる。
出航までにやらなければならないことはたくさんあるけれど、
新大陸探しに乗り出すには、まず航海術を身につけないと。
2年前筏でこの大陸に渡ってきた時は、風のふくまま運任せ。
すさまじく行き当たりばったりだったので、今回はきちんと学ぼう。

Jan.某日
初心者の館“ハロー〇-ク”に赴き、冒険者登録をする。
基本的な航海術、羅針盤の扱い、星の読み方、地図の見方を習い、
続いて偵察隊の出し方、現地の人・他の移住者との交渉術も教わり、戦闘訓練も受ける。
戦闘、する時が来るのだろうか…。

Jan.某日
“あったかくて、土地が肥えてて、人は少なめで、うるさい本国も総督もいなくて、シエスタの習慣が根付いていて、食べ物豊富で、絶賛成長中で、みかんがおいしい”
新天地を目標に、出航。
まずは初心者の館で紹介してくれた航路を辿ることにする。

Jan.某日
気がついた。
そんな都合のいい新天地は、ない。
いくつか大陸を見つけて上陸を試みるも、
そんな所はすでに国ができていて、入国審査がとても厳しいことを知る。
多少条件を緩和して、探検範囲を拡大することに決定。
まずは気候があったかくて、うるさい本国がいなければいいだろう。
偵察隊の数を増やす。帰ってこないのが結構いるんだよな…
[PR]
by yumehito2002 | 2008-04-05 22:40 | 特集:転職活動日記

Y2日記

Apr.某日
Y1より打電"サクラキレイ。ミテカライク。ゴウリュウオクレル。"
a0006848_0465951.jpg

a0006848_0471948.jpg

a0006848_0473718.jpg

a0006848_22371265.jpg

…。
当方、航海と戦闘の日々。
Y1出航以来定期補給は途絶え、この船の食料はあと1、2ヵ月分しかない。
…。

Y1に打電"コナクテヨシ。キデンノニンハホキュウニアリ。タダ、ショクリョウオクラレタシ"
[PR]
by yumehito2002 | 2008-04-02 21:17 | 特集:転職活動日記

Y1日記終

Mar.某日
晴れわたる青い空の下、出航。港出口で移住船とすれ違う。
新大陸発見・戦闘勝利の報はまだ入らねど。
海は広くて大きくて、月は昇るし日は沈む。
明日は明日の風が吹く。
まずはY2との合流を目指す。
議会の皆と、新移住者たちと、私の未来に幸あれ。
独立戦争に勝利あれ。
[PR]
by yumehito2002 | 2008-03-28 12:56 | 特集:転職活動日記

Y1日記Ⅵ

Mar.某日
地震が頻発。
あちこちで地割れが起こり、弱った産業にさらにダメージ。食糧不足は決定的となり、治安もますます悪化。もう銃なしでは歩けない。
総督はいまだ南部。帰ってくるまで総督府が建っていればよいのだが。
係留中の船には被害なし。一安心。
[PR]
by yumehito2002 | 2008-03-25 21:20 | 特集:転職活動日記

Y1日記Ⅴ

Mar.某日
本国議長より、迎賓館の建て替え命令下る。
人手と金の不足で基礎工事は省略したが、きれいに完成。震度2までは絶対安全。

Mar.某日
震度2.01の地震に見舞われ、迎賓館倒壊。最近は地鳴りが多い。
港倉庫も倒壊し、腐れ茶葉風に乗り街へ。外出時はマスク必須。
人口減少するも税金は変わらずの結果、あちこちで紛争・暴動が勃発。先頭には議会員の姿がちらほら。
遂にY2より打電。"スマン、マケタ。タイリクトレズ。トナリノシマカクホ。ドウスル?"
Y2に打電。"シンタイリクサガシゾッコウ。カテ。タノム。"
[PR]
by yumehito2002 | 2008-03-18 22:41 | 特集:転職活動日記

Y1日記Ⅳ

Mar.某日

人手が足りず放棄された畑があちこちに目立ち始める。
輸出どころか人口分も危ういほど落ち込んだ生産高、
豊富なのは腐れ茶葉ばかり…な中、
総督、本国高官夫妻と共に、南部小麦畑開墾予定地への視察旅行に行くと発表。
誰が耕すかなんて、小さなことは気にしないのが本国クオリティ。

数ヶ月ぶりに移民船が来港。
”実は腐れ茶葉輸送船でした”なんてオチだけは、ないことを祈る。
[PR]
by yumehito2002 | 2008-03-13 21:40 | 特集:転職活動日記

Y1日記Ⅲ

Mar.某日
西インド会社主催、腐れ茶葉による何でもない日万歳パーティー連日開催中。ひたすら五月蝿。殴りたい。
人口流出止まらず。
熟練者がいなくなり、産業の大半が一握りのまじめな新移住者の肩に。
泥縄式新移住者呼び込みキャンペーン開始。未だ反響なし。
Y2も未だ音信不通。
[PR]
by yumehito2002 | 2008-03-08 18:12 | 特集:転職活動日記