おもしろきことはよきことなり!(と狸が言っていた)


by yumehito2002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

高層マンションが理解できません

一年一度は京都に行きたい。

「何で?」と言われると困るけれど、
緑があって、水があって、歴史があって、
静けさがあって、街もあって、おいしいものがあって、
景色がきれいで、四季が似合って、
歩いてるだけでたくさんの知りたいことにぶち当たる。
そんな場所を他に知りませぬ。

宮と共に今回は バスに揺られて50分。
着いた京都の奥座敷、紅葉の高雄真っ只中。
鳥獣戯画の高山寺、その隣の神護寺、そのまた隣の西明寺。
高雄三寺紅葉尽くし。
a0006848_227115.jpg

久しぶりのしっかりした土。山。
生き返る。

a0006848_22172364.jpg

人は地面を離れては生きていけないのです。
どんなに高いビルを建てようが、たくさんの便利な乗り物を作ろうが。
a0006848_22173912.jpg


紅葉の錦に月、桜。
1000年以上前から、その美しさを何とか表現しようと、多くの人が挑戦しているものの、
成功例は多くはない。

a0006848_22174851.jpg

もっとも、裏技もあるようだけれど。
a0006848_22524652.jpg

あかあかや あかあかあかや あかあかや あかあかあかや あかあかや月

高山寺の中興者・明恵上人のお詠。
「すっげえきれいなものの前では、もう、こうとしか言えません。」ということだそうな。
あり、なのか?
[PR]
by yumehito2002 | 2009-11-30 22:43 | 旅記